ミニマリストなら貯金しよう。お金を持つことがミニマリストの終着点。

公開日:  最終更新日:2017/11/26



[スポンサードリンク]

 

 

 

解説

重大な選択に迫られた時のために、お金だけは持っておく

いかに物を持たない生き方を追求するとしても、お金という手段だけは残しておくべきです。

生きていく上でほとんどのことでお金を必要とし、また今後の人生を左右する選択が訪れた時に大金が必要になることだってあります。

物や人間関係に固執しなくても、お金だけは持っておく。これがミニマリストの終着点であり、限界だと思います。

もしお金まで手放すことになれば、もはや仙人と同じ境地になるのではないでしょうか。


 

 

 


[スポンサードリンク]

 

 

 

お金の必要性

あらゆる力を集約しているのがお金

食糧や水、火、寝る場所など、生きていく上で必要な欲求のほとんどを満たしてくれるのがお金です。

また遊ぶ、働かないなど、自分の時間を大切にするのもお金次第です。

なので物を溜め込むより貯金を。お金を物に換えるのは簡単ですが、物をお金に換えようとしても元通りの金額が戻ってくることはないので、良い手段とは言えません。

ミニマリストになりたい!どこまで捨てる?挫折しないために4つの段階を知る

お金を貯めるために節約型のミニマリストになるのも良いですが、貯める代わりに自分の時間を失ったり、ストレスを抱えることになるため、ここは人によって判断が分かれます。

理想は自分の時間を優先的に守れるようになった状態で、お金を貯めることです。

 

 

替えがきかないものは2つだけ 「自分自身」と「大切な人」

どれだけミニマリストを追求しようとも、この2つだけはなくせません。替えがきかず、お金では買えないものたちです。

この2つのためにお金を使うべきであり、この2つ以外のことでお金を使う必要はないと思います。

限りある人生を楽しむためには、自分ともう一人のパートナーが必要です。そして楽しさを高めるのに最も良い手段がお金です。

 

 

自分が無力だと後悔しないために

どれだけ節約生活を送ろうとも、大金が必要な時は必ず来ます。

子供が生まれる、突然の事故や病気に見舞われるなど、人生に不測はつきものです。それが自分自身のことかもしれないし、大切な人に起こりえることかもしれない。

その時にお金がないばかりに、自分は無力だと絶望に打ちひしがれることだけは避けたいものです。だからこそ何も起きていない平和な今のうちにお金は貯めておくべきです。

いつか使うかもしれない、と棚にしまっている物の1000倍は、確実に使う機会が訪れるのがお金です。

自分の人生を後悔で満たさないために、どれだけ物を捨てたとしてもお金だけは持っておくべきです。

 

 

 

[スポンサードリンク]


シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑