[全43個]ミニマリストの持ち物リスト公開。必需品から日用品まで。台所、衛生用品、服、外出時など

公開日:  最終更新日:2017/12/20



[スポンサードリンク]

 

 

 

解説

最低限どれだけの持ち物があれば快適に過ごせるのか?

あまり物を持たずに生活しているので、ミニマリストを自称してすべての持ち物を公開してみようと思います。

フライパンを食器代わりにしたり、コートを座布団として床に敷いたりなど兼用している道具も多くあります。

物を持たずに生活するのなら、どれだけ限られたもので工夫できるかがポイントになると思います。ふと思いついたひらめきが、物を減らすきっかけになったりもします。

この記事では、クレジットカード、キャッシュカード、通帳、免許証、保険証、住基カード、マイナンバー、パスポート、給料明細、確定申告書、領収書などの公的書類は除外しています。


 

 

 


[スポンサードリンク]

 

 

 

台所

カセットコンロ

・兼用
鍋敷き

調理に欠かせないのは熱。IHクッキングヒーターでも良いんですが、火を使って調理したいというこだわりがあるのでカセットコンロにしてます。

一般家庭によくあるような大きなガスコンロは必要ありません。1口あれば十分。

またフライパンの下に敷く鍋敷きとも兼用しているので、調理直後の熱々のおいしいおかずが食べられます。グツグツいってる卵雑炊とか最高です。

 

 

フライパン

・兼用
電子レンジ
炊飯器
トースター
やかん
ボウル
ステーキ鉄板
食器
コップ

タブレットの次に兼用している数が多いのがフライパンです。フライパン一つで何でも料理できるように、日々クックパッドを見ながら研究してます。

おかげでご飯も炊けるし(おこげ付き)、ホットサンドやポテトサラダ、ローストビーフ、鍋などが作れるようになりました。

カセットコンロを台にしているので、ステーキの時は焼いた直後のジュージュー感を楽しみながら食べてます。

また食器やコップとも兼用しているので、洗い物が非常に少ないです。基本、フライパンと箸の2つだけ。ふたを使った時は3つ。洗い物で5分もかかりません。

のどが渇いた時は、柄杓に水を汲むかのようにフライパンに水を注いで飲んでます。

なるべく物を減らすことで管理が楽になるので、フライパン1つでなんでも作れるようにしています。

 

 

ふた

・兼用
食器
コップ

卵をといたり、片栗粉と水を混ぜたり、調理中の食材を一時的に取り出す時はフライパンのふたの上で。またご飯を炊いたり、卵とじにする時にもふたは必要です。

調理中や、料理を盛り付けていてフライパンが空いていない時は、ふたで水を飲んでます。盃にお酒を入れるかのように。コップ2号

基本的に作った料理(ご飯、おかず、サラダ)はすべてフライパンの中に納まりますが、どうしても入らない時はふたの上に盛り付けたりもします。食器2号。

 

 

お箸

・兼用
菜ばし
トング
フォーク
スプーン

フライパンが調理から食器までの機能を果たしているように、箸1つで調理から食事の時まで使うようにしてます。

スプーンの兼用は難しいので、フライパンの柄を持ってすするようにして食べてます。スープ類の調理中に味見できないのが難しいところ。

以前は割りばしを使っていましたが、廃棄を減らすために一般家庭にあるお箸を使っています。

 

 

まな板

包丁を使うのに必ずいるのはまな板。テーブルや冷蔵庫の上にラップを敷いてまな板代わりにしたら、表面が傷ついてしまいます。

登山家がコッヘルのフタをまな板代わりにしてますが、キャベツの千切りをする時とかだと不安定で危ないので、まな板は用意したほうが無難です。

しかし牛乳パックをまな板がわりにするのはなるほどなぁと思いました。使い捨てだから常に清潔。牛乳をよく飲む方ならおススメの方法です。

 

 

包丁

・兼用
キッチンはさみ
ピーラー
スライサー
すりおろし器
ミキサー

包丁1本でなんでも調理できるようになれば、ちょっとカッコイイなと思ってます。

包丁の背中でごぼう等の野菜の皮をごりごりと削ることでピーラーの代わりにしたり、包丁の腹部分でこすりつけてにんにくのすりおろしを作ったりなど、工夫次第でなんとかなります。

調理器具が多いほど場所を取ったり、洗うのが大変だったりするので、包丁まな板だけで調理できるのが理想だと思います。

 

 

アクリルたわし

調理に油を使っていない時は、洗剤なしのアクリルたわしだけで洗ってます。油や肉類を調理した時は石けんの泡を含ませて洗います。

「アクリルたわしがあれば、洗剤はいらない!」とよく言われていますが、実際に使ってみると油がたわしに染み込んでギトギトになるので、石けんは必要だと思います。洗う前に汚れをペーパーで拭きとっても油がたわしに染み込みます。

 

 

二重発泡スチロール

・兼用

冷蔵庫の代用で発泡スチロールを使ってます。肉、魚、葉野菜など日持ちしない食材の保存をする時に使います。調味料や根菜類は外に。

都会に住んでいるなら毎日買い出しに行くことで完全に冷蔵庫をなくすことも可能ですが、地方に住んでいるとスーパーとの距離が遠くてなかなか大変です。

発泡スチロール一つだけだと保冷力が弱いので二重にして壁を厚くすることで、1日は持つようにしてます。

スーパーでもらえる保冷用の氷を持ち帰って、そのまま食材と一緒に入れてます。

机としても使っているので、PC作業の時もこの上で。お腹が空いたら食材が取り出せる机です!

 

 

 

日用品

フェイスタオル

シャワー後に体を拭くタオル1枚だけです。円の35x70cmの薄い生地のもので十分です。

バスタオルでは体を拭くのには十分すぎる大きさだし、手洗いで洗濯する時にやや手間に。

フェイスタオルなら洗濯もしやすいため、バスタオル1枚よりフェイスタオル2枚を持つほうがおススメです。

短髪ならフェイスタオル1枚で拭ききれます。

 

 

雑巾

・兼用
掃除機
クイックルワイパー

雑巾で床を拭けば掃除はオッケー!場所も取らないし、汚くなればすぐに買い替えられるのが良いところです。

掃除機やクイックルワイパーは処分する時に手間なのがネックです。

昔ながらの雑巾がけは体も動かせて健康的です。

 

 

トイレットペーパー

・兼用
ティッシュペーパー
キッチンペーパー
台拭き
手拭きペーパー

食後に口を拭いたり、フライパンの汚れを拭く時にも使えます。また簡単な台拭きや、コンロの油汚れを取る時にも使えるので、利便性がとても高いです。ただトイレの紙で口を拭くのに抵抗がある人はいると思います。

トイレットペーパー、ティッシュ、キッチンペーパー、それぞれをストックしておくよりは、トイレットペーパー1つにまとめたほうが圧倒的に管理が楽です。

ただし食材の水分や油を拭き取る時にトイレットペーパーを使うのはNGです。ペーパーが溶けて食材にくっついてしまうからです。

他にもゲストハウスとかにある洗面台に備えられている手拭き用ペーパーとしても使えます。

タオルがない時はペーパーで手を拭きましょう。

 

 

カセットガス

カセットコンロを使うための必需品。

冬になるとスーパーで300円近くするカセットガスが売られていますが、100円ショップのもので十分です。

 

 

シャンプー

以前はお湯のみの湯シャンを1年続けていましたが、頭皮の脂がとり切れていないのが不潔に感じて、シャンプーに戻りました。

2~3日に1回ペースでの消費なので、使い切るのが非常に遅いです。

 

 

石けん

・兼用
手洗い洗剤
食器洗剤
洗濯洗剤
ボディーソープ

洗剤類はシャンプーを除いて、すべて石けんで統一してます。フライパン、箸を洗う時も石けん、衣類を手で洗濯する時も石けんです。

「食器洗剤がそろそろなくなりそうだから買っておこう、洗濯洗剤はまだ大丈夫かな…?」といった管理がないのはとても気楽です。

 

 

ゴミ袋

・兼用
ゴミ箱

物を捨てる時は市町村指定のゴミ袋へ。ゴミ箱に広げたレジ袋やポリ袋にゴミが溜まったらゴミ袋に移す手間は省き、最初からゴミ袋に捨ててます。

大抵はゴミ袋がいっぱいになる前にゴミ出ししてます。あまり何週間も置いていたら生ごみが臭うし、虫が寄ってきやすくなるからです。

 

 

寝袋

基本、枕もかけ布団も使わず寝るので、床さえ暖かければどこでも寝れます。カーペットなんて部屋全体がベッドみたいなものではないか・・・!?

寝袋は1kg未満と軽くてコンパクトにもなるので、誰かの家に泊まりで遊びに行ったり、シェアハウスに住む時などに気軽に持ち運べるのが大きな利点です。

 

 

 

衛生用品

バリカン

美容院に行く手間が省けるのが最高のメリット。坊主頭や、6~8cmの短髪にするなら自分でやったほうが早い。

バリカンを持つことに抵抗があるなら美容院。美容院に行くのが面倒くさい(節約したい)ならバリカン、の2択ではないかなと思います。

 

 

小はさみ

・兼用
爪切り
体毛処理(鼻からデリケートゾーンまで)

100円ショップで売られている衛生用の小さなハサミで、爪から体毛までの手入れを一通り済ませてます。

爪切りでパチンパチンと切るよりも、ハサミのほうが爪の形を整えやすいのが利点だったりします。

 

 

耳かき

さすがに耳かきを代用できるものがないため、耳かきは必要です。

100円ショップの西洋式と日本式の両方が備わっているタイプのものがおススメです。しっかりとれる。

 

 

 

PC機器

タブレット

・兼用
メモ帳
時計
ストップウォッチ
タイマー
カレンダー
電卓
カメラ
ビデオカメラ
テレビ
映画鑑賞
天気予報
新聞(ニュース)
音楽プレイヤー
ゲーム
読書
勉強
買い物
地図
チャット
音声通話
データ保存(書籍、写真、ビデオ、音楽ファイルなど)

懐中電灯

本も読めるし、音楽も聴ける、映画を見ることだってできるし、ゲームもできる。欲しい物があるけど近所には売っていなくても、ネットを使えばすぐ手に入る。

料理で気になるレシピがあればすぐに調べられ、調理中のタイマーも簡単。買い出し用の食材をメモ帳に残せるので、紙とペンが不要。

朝起きた時に時間を確認する基本的なことから、地図で場所を調べられたりと、ほとんどのことができます。

さすが文明の最先端。1台で20役以上も兼用できる最強のアイテムです。

スマホでも上記のことはできますが、画面が小さいので文字が読みにくく、手間も多いのがストレスになるので、タブレットを使うようにしてます。

ラインやskypeもタブレットでやっています。

ちなみに画面をオフにした暗い液晶画面や、カメラモードにすることで鏡代わりにもできます。

自分の後ろに人がいないか振り返らず確認したいなら、カメラモードにして後ろに人がいないかチェックしちゃいましょう。

街灯のない暗い道を歩く時はタブレットの光が、懐中電灯代わりにもなります。

山の中や畑ばかりの道は本当に真っ暗で足元すら見え辛いため、タブレットの光でも道の先を照らしてくれます。

また真っ暗な道をなにも点けずに歩いていると、すれ違う車に気づかれずに危ないので、自分がいることを運転手にアピールするのにも使えます。沖縄旅で役立ちました。

 

 

スマホ

・兼用
インターネット回線(テザリング)

スマホは電話とWIFI、地図のGPS用として使っています。

一番大きなメリットは電話番号があること。賃貸を借りたり、公的書類を取り寄せたり、仕事をする時に電話番号がないと信用されないのはつらい。

基本、スマホで受信する電波をテザリングして、タブレットでネットをしてます。

ヘビーなネトゲをするわけでもないので、光速回線じゃなくても十分。動画を見たり、ネットサーフィンができれば無問題です。

またAndroidだけの機能なのか、Googleマップ上に現在地が反映されるのも大きなメリット。旅行中にホテルまでスムーズにたどり着くために、GPSで現在位置を表示されているのはとても助かっています。

 

 

キーボード

外付けのBluetooth仕様のキーボードを使うことで、タブレットを簡易ノートパソコンにしています。

カバンを持たずにパソコンを持ち運びするにはどうしたらいいか考えた結果、タブレット、キーボード、マウスそれぞれが小型化している商品を買って組み合わせるようになりました。

キーボードは折りたたみ式の200g以下の薄型を使っています。

 

 

マウス

キーボード同様、タブレットを簡易ノートパソコンにするために必要なアイテム。重さ50g以下の小さなマウスを使っています。

 

 

イヤホン

音楽を聴くのが好きなので、音質の良いイヤホンを使ってます。タブレット内蔵のスピーカーでは音楽を楽しめない。

Bluetooth仕様のワイヤレスイヤホンでもいいのですが充電の手間を考えたら、挿すだけで使える昔ながらのほうが良いんじゃないかなと思います。

スマホよりもタブレットに挿して聴くことが多いので、タブレット自体の音質が良いものを選ぶようにしています。

 

 

モバイルバッテリー

外出時に大活躍するモバイルバッテリー。図書館や喫茶店でコンセントを探すのは大変です。

タブレット、スマホともに単体だと3時間程度しか持ちませんが、22000mAhの大容量モバイルバッテリーを使えばプラス12時間は持ちます。コンセントなしで一日中ネットが可能。

しかし22000mAhだと450g近くもあり、かなり重いです。500mlのペットボトルぐらいの重さ。バッテリーの容量が大きい分、重さも増しますがそれに見合う性能だと思います。

 

 

ACアダプター

2口のACアダプターがおススメです。1つのコンセントでスマホとタブレットを同時に充電できる優れもの。

モバイルバッテリーの充電が切れて、スマホやタブレットの電池が減った時はモバイルバッテリーとタブレットの2つを充電してます。スマホが一番バッテリー容量が低いからです。

 

 

すべり止めシート

地味に役立つ陰の功労者。

タブレットをノートパソコンのように立てて使う時に使います。100円ショップで売られている、花瓶や置物の下に敷くタイプのすべり止めシートです。

モバイルバッテリー、スマホ、ACアダプターを積み重ねて、滑り止めシートを敷き、タブレットを立てかける。

そうすることでノートパソコンの画面調整のように、角度を変えやすくなります。

 

 

 

外出

財布

・兼用
小物入れ

さすがに現金をそのままポケットに入れると、小銭がジャラジャラしたり、落としたりするので財布は持つようにしています。

使っている財布は100円ショップの小さな財布。お札と小銭が入るなら巾着でも名刺入れでも良いと思ってます。

また財布を小物入れとしても使っており、耳栓やボイスレコーダーを入れています。

 

 

耳栓

カプセルホテルやゲストハウスのような格安宿に泊まる時には、耳栓は欠かせません。

個室のホテルだったとしても壁が薄くて繁華街の騒音が丸聞こえだったりもするので、お守り代わりにどんな時でも持ち歩くようにしています。

夜行バスで一夜過ごす時なんかでも使ってます。耳栓も100円のもので十分。

 

 

ボイスレコーダー

聴くのと同様に歌うのも好きなので、カラオケに行って自分の歌を録音して、音程が合っているかチェックするのに使っています。

ボイスレコーダーは乾電池タイプのものよりも充電式のほうを選んだ方が、乾電池を買う必要がなくなるので管理が楽になります。

ただあまりにも録音時間が短いバッテリーだと充電の手間が大変なので、最低18時間は持つものを選んだほうがいいと思います。

 

 

ミニスプレー

化粧用とかに使われるミニスプレーに水を入れて、持ち歩いています。

歌っていてのどが枯れてきた時にシュッシュッと使ったり、のどが渇いた時はふたを開けてダイレクトに飲んだりしてます。

ペットボトルだと350~500mlと大きいため、ポケット1つ消費してしまいます。50~100ml程度の小さなものはないかと探したところ、ミニスプレーを100円ショップで発見。

財布、スマホと同じポケットに携帯できるのでとてもコンパクトです。

 

 

歯ブラシ

旅中に欠かせないのが歯ブラシ。使い捨ての安い歯ブラシが備えてあるホテルに泊まれるとも限らないので、マイ歯ブラシは必要です。友人宅に泊まる時なんかにも必要ですね。

重くもないし縦長なので、ポケットにスマートに入ります。100円ショップでキャップ付きのハブラシを選ぶのもおススメです。

貧乏くさいのを気にしないのであれば、ラップやポリ袋でくるくるとブラシの部分を包んで保護する方法もあります。

 

 

髭剃り

電気シェーバーのものを使っています。毎朝起きて30秒で髭剃り完了。旅行用の小型の髭剃りがおススメです。理想は100g以下。

カミソリタイプの髭剃りでもいいのですが、泡がないと肌を痛めてしまうので電気シェーバーのほうに軍配が上がります。楽で時短。

 

 

コンタクトケース

目が悪いので、コンタクトケースと保存液をセットで持ち歩いてます。メガネはあまり好きではないので、ずっとコンタクトをつけてます。

視力が治れば、ケースも保存液も持たなくて済むのでなんとかしたいところ。レーシックはちょっと怖いので、もっと良い方法はないかと模索中。

 

 

保存液

コンビニで売られている100mlの旅行サイズのものを使ってます。100mlだとやはり消費は早く、1ヶ月もしないうちに使い切ってしまいます。

ドラッグストアで売られている500mlの保存液とそう変わらない値段で、100mlの保存液を使うのは、節約している人にとっては抵抗があると思います。

100mlの保存液でもコンタクトケースが付属しているので、毎月ケースを新しくできるのは衛生面ではグッドです。

 

 

 

衣類

冬用コート

・兼用
レインコート
手袋
座布団
かけ布団

素材がポリエステル、ナイロン製のコートなら、軽い小雨程度ならレインコートの代わりになります。ただあまり長時間濡れると体が冷えるのでほどほどに。

冬限定でしか使わない手袋を持たないようにするために、コートのポケットに手を突っ込んでます。

また冬以外の時期でも床がフローリングのように冷たいところでは、座布団がわりに使ったりもしています。

寝ている時に寒いと感じた時にはかけ布団としても。お腹周りを暖めるのに役立てています。

 

 

春秋用コート

・兼用
レインコート
手袋
座布団
かけ布団

体調を崩しやすい季節に必須のコート。昼は暖かいのに夜は冷えやすく、具合を悪くしがちです。

こちらも冬用コートと同様に座布団やかけ布団と兼用しています。

 

 

長袖x2

長袖とズボンそれぞれ2着ずつあれば十分です。1着を洗濯中に残りのほうを着ていれば裸にならずに済みます。寒い時はコートを着ていればOK

旅行時の荷物の大半が衣類なので、それを減らすことによって快適な旅ができると思います。

長袖にしているのは、腕をまくればTシャツ代わりになりますし、肌寒い時は長袖に戻せるからです。

夏でも夜は寒いです…。7月に海岸で野営道具なしで野宿した時、風と地面が冷たくて眠れませんでした。

冬仕様の分厚い生地の長袖よりも、オールシーズン使える500円ぐらいのやっすい素材のもので十分です。

 

 

ズボンx2

寒がりな体質なので、夏以外はズボン二枚履きです。おかげで旅行中は予備の服を持ち歩くことはありません。

二枚履きの代わりにパンツは履きません。ノーパン主義。パンツのゴムがキツイのも理由の一つだったり。

 

 

靴下

100円ショップのものを履いてます。安いので使い捨てやすいし、何より靴下を一足だけで売られているのはありがたい。

どこの服屋へ行っても大抵は3足や5足セットで売られているので、1足だけ買おうとすると意外と難しい。

スポーツ店や登山ショップへ行けば1足ずつ買えますが、厚みがあって丈夫な靴下は値段が高いし、夏に履くには暑い!

余談ですが靴下以外に、ベルトや手袋なんかも100円ショップで買えるのは驚異的です。

 

 

一足だけで十分です。オールシーズン履けるような靴がおススメです。サンダルだと夏しか履けないし、登山用靴だと重くてムレやすいので夏履くにはつらい。

靴屋さんで売られている3000~5000円のもので十分だと思います。

ただ登山用の靴はゴアテックス製のものもあるだけに、水溜まりや足場の悪いところでも気にせずズンズン歩けるのは素晴らしいの一言に尽きます。

 

 

 

[スポンサードリンク]


シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑