BIT不動産競売の「BIT」の読み方と意味とは?「ビット」と読む

公開日: 



[スポンサードリンク]

 

 

解説

BITの読み方と意味ってなに?

裁判所が執り行う不動産の競売サイト、「BIT」ってなんて読むんだろう、って思ったことはありませんか?

最初、僕はビーアイティーと読んでました。しかしそれは間違い、ビットでした。

入札書の取り寄せをするために裁判所に電話をかけ、対応した競売係のおばちゃんが「ビット」と言っていた時に初めて読み方を知りました。

「物件に関する事はビットの三点セットをお読み頂いて~」と説明してるときに(あ、これビットって読むのね。)なんて思ってました。

 

 

 


[スポンサードリンク]

 

 

 

読みと意味

BITは「ビット」と読む

冒頭でも書いたように、BITはビットと読みます。一般的な英語読みと同じです。

BITは「Broadcast Information of Tri-set system」の略称なので、ビーアイティーなのかな?と思いますが、ビットという読み。

基本、英語の頭文字を取った略称って、その頭文字を取った読み方をしますよね。WHOはダブリューエイチオー、GHQはジーエイチキュー。

しかしBITはそのままビットと読むんですね。

 

 

BITってどういう意味?

インターネットによる情報提供

Broadcast Information of Tri-set system

BITシステム

BIT

 

「インターネットによる情報提供」を英語で、「Broadcast Information of Tri-set system」と表し、その頭文字3つを取ったのが「BIT」ということです。

つまりサイト名の「BIT不動産競売サイト」というのは「競売に出ている不動産をインターネットを通じて見ることができるサイト」ことを意味するんですね。

全国各地にある裁判所を一つ一つ訪ねて物件をチェックするよりも、圧倒的に便利で参加しやすいのがBIT不動産競売サイトです。

 

参考ページ:裁判所|インターネットを利用した競売物件情報(BIT)について

 

競売に参加するために、裁判所に問い合わせた時なんかに「ビットに掲載されている物件の入札をしたいんですが~」と、読み方を間違うことなく言えたらクール!

まぁ仮に間違えても、電話対応の競売係さんがこっそり訂正してくれると思います。

 

 

 

[スポンサードリンク]


シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑